<ins id='ilxhf'></ins>

  • <i id='ilxhf'></i>

    <span id='ilxhf'></span>
    <fieldset id='ilxhf'></fieldset>
  • <tr id='ilxhf'><strong id='ilxhf'></strong><small id='ilxhf'></small><button id='ilxhf'></button><li id='ilxhf'><noscript id='ilxhf'><big id='ilxhf'></big><dt id='ilxhf'></dt></noscript></li></tr><ol id='ilxhf'><table id='ilxhf'><blockquote id='ilxhf'><tbody id='ilxhf'></tbody></blockquote></table></ol><u id='ilxhf'></u><kbd id='ilxhf'><kbd id='ilxhf'></kbd></kbd>
    1. <dl id='ilxhf'></dl>

      <code id='ilxhf'><strong id='ilxhf'></strong></code>

        <acronym id='ilxhf'><em id='ilxhf'></em><td id='ilxhf'><div id='ilxhf'></div></td></acronym><address id='ilxhf'><big id='ilxhf'><big id='ilxhf'></big><legend id='ilxhf'></legend></big></address>

          <i id='ilxhf'><div id='ilxhf'><ins id='ilxhf'></ins></div></i>

            日語情得得幹感散文

            • 时间:
            • 浏览:47
            • 来源:18岁末年禁止观看试看20分钟_18岁末年禁止观看试看免费_18岁末年禁止进入

              佛說:“今生的種種皆是前世的因果”那麼在故事中的情感不是早已確立?

              日語情感散文篇一

              狐貍小姐

              むかしむかし、仁和寺の東にある高陽川のほとりに、夕暮れ時になると可愛い少女に化けたキツネが現われて、馬で京に向かう人に聲をかけるという噂がたちました。

              傳說在很久很久以前,在仁和寺東邊的高陽川邊,一到日暮,狐貍就會幻化成可愛的少女跟騎馬進京的人搭訕。

              「どうぞ、私をお連れ下さいませ」そう言って馬に乗せてもらうのですが、すぐに姿を消して乗せてもらった人をびっくりさせると言うのです。

              “請帶上我吧。”然後等坐上馬車之後,就立馬消失,嚇唬那些搭載她的人。

              ある日、一人の若者が馬でその場所を通りかかりました。

              有一天,有一年輕人騎馬經過那。

              そこへいつもの様に少女ギツネが現われて、若者に聲をかけました。

              狐貍小姐如常地出現,並跟新版西遊記張紀中版年輕人搭話瞭。

              「そこのお馬の人。私をあなたさまの後ろへ、乗せてはいただけませんでしょうか?」

              “騎馬的朋友,不知可否載我一程?”

              「ああっ、い被窩午夜福利いですよ。」

              “啊,當然可以。”

              若者はこころよく引き受けると、その少女を自分の馬に乗せてあげました。

              年輕人愉快地答應瞭,讓那個少女騎到瞭自己的馬背上。

              そして何と、すでに用意していたひもを取り出すと、その少女を馬の鞍にしばりつけてしまったのです。

              然後迅速拿出事先準備好的繩子,把少女綁在瞭馬鞍上。

              「これで逃げられまい」

              “這樣就逃不掉瞭。”

              実はこの若者、その少女がキツネだという事を仲間から聞いて知っていたのです。そしてそのいたずらギツネを捕まえようと、ここにやって來たのでした。

              其實呢,這個年輕人已經從朋友那裡聽說瞭這個狐貍小姐的故事。特意來此抓這隻調皮搗蛋的小狐貍。

              少女ギツネを捕まえた若者は、仲間の待つ土禦門へと急ぎました。

              年輕人抓住瞭狐貍小姐之後,就急急趕往與朋友約定的土禦門。

              若者の仲間は、たき火を囲んで待っていました。

              年輕人的朋友正圍著篝火等著呢。

              「おお、約束通りキツネを捕まえてきたぞ。逃げられないように、みんなで取り囲んでくれ。」

              “喂,我按照約定把狐貍給抓來瞭。大傢圍著吧,免得讓她給逃瞭。”

              仲間たちが周りを取り囲んだのを見ると、若者劉德海去世は少女ギツネをしばっているひもを解いて放してやりました。

              年輕人看到朋友們把狐貍給團團圍住瞭,就解開瞭綁著的繩子。

              しかしそのとたん、キツネも仲間のみんなも、すーっと消えてしまったのです。

              但就在這時,狐貍和朋友們都嗖的一聲消失瞭。

              「なに!……しまった!あの仲間は本物ではなく、キツネが化けた物だったのか!」

              “怎麼會!……糟瞭!剛剛的不是我朋友,是狐貍幻化而成的!”

              若者はじだんだをふんでくやしがりましたが、でも數日後、bt 天堂再び少女ギツネを捕まえたのです。

              年輕人是捶胸頓足,後悔不已。而幾天之後,他又再次抓住瞭狐貍小姐。

              若者は、キツネに化かされないためのおまじないにまゆ毛につばをつけると、註意しながら本當の仲間の所へ行きました。

              為瞭能不再被狐貍欺騙,年輕人在眉毛上塗瞭口水,十分小心地到真正的朋友那裡去瞭。

              そして仲間と一緒に、さんざん少女ギツネをこらしめてから放してやりました。

              然後跟朋友一起好好地教訓瞭狐貍小姐一通之後,把她放走吉利繽越瞭。

              それからしばらくたって、若者はその少女ギツネの事が妙に気にかかり、高陽川のほとりまで様子を見に行きました。

              那之後不久,年輕人對狐貍小姐的事莫名地在意起來,就去高陽川邊去看瞭看。

              するとやはり、あの少女ギツネが現われました。でも著物は薄汚れていて、顔色もよくありません。

              狐貍小姐果然出現瞭。狐貍小姐的和服有點臟,而且臉色也不好。

              若者は、少女ギツ高爾夫ネにやさしく聲をかけました。「この前は、少しやりすぎたようだ。今日は何もしないから、京まで乗せていってやろう。」

              年輕人就很輕柔地跟狐貍小姐說。“我之前好像做得有些過分瞭。今天什麼都不會做,讓我載你去京都吧。”

              すると少女ギツネは、悲しそうな目で若者を見ると、「どんなに乗せてもらいたくても、またこの前の様に、こらしめられるのは怖いから、いやや。」

              而狐貍小姐隻是用悲傷的眼神看著年輕人,說:“雖然我很想乘,但是我害怕又像之前一樣被你們教訓一通,還是不要瞭。”

              と、言って姿を消して、二度と現われる事はなかったそうです。

              話音剛落,就消失瞭,從此再也沒有出現瞭。

              おしまい

              完

              日語情感散文篇二

              持心之道

              私たちは心の中で映畫を上映している。

              どうせなら、楽しい映畫を上映すれば、ポジティブな気持ちでいられる。

              我們都在心中上放映著一部部電影

              何不放一部快樂的電影,讓心情變得積極。

              自己中心的名人は稱賛を求めるが、自尊心の高い人は稱賛を求めない。

              自分の価値を信じているから、他人からの稱賛など必要としないのである。

              自我中心的名人會要求稱贊,而自尊心強的人卻不會。

              因為相信自己的價值,所以不需要他人的稱贊。

              「人生は楽しいものだ」と考えるならどうなるだろうか?

              まだ楽しくなくても、あなたは人生を楽しくするために努力するはずだ。

              どんな障害に出くわしても、それを乗り越える方法を見つけるだろう。

              如果想人生是快樂的,會怎麼樣呢?

              即使現在還不快樂,你也一定在努力讓人生變得快樂。

              無論遇到什麼樣的困難,都會找到克服困難的方法吧。

              內なる批判者は「過去」と「失敗」にこだわるが、

              あなたは「現在」と「成功」に意識を向けて生きていくべきだ。

              內なる批判者と仲よくしてはいけない。それは、あなたの最大の敵なのだ。

              內在的批判者會拘泥於“過去”和“失敗”,

              但是你應該把註意力放在“現在”和“成功”。

              不可以與內在的批判者妥協。那是你最大的敵人。

              ミスを犯した自分を厳しく責めるのではなく、そのミスから學ぶことを心がけよう。

              ミスを犯さない人がいるとすれば、それは何もしない人だけである。王者榮耀

              犯瞭錯誤,不要苛責自己,而要用心從失誤中學習。

              如果說有不犯錯誤的人,那一定是什麼也不做的人。

              親切について心に銘記すべきことは何だろう?

              それは、「親切は連鎖する」ということだ。あなたが誰かに親切にすれば、

              その人も誰かに親切にしたくなる。こうして親切の輪が広がるのである。

              對於善意,我們應該銘記的是什麼呢?

              那就是,“善意可以傳遞”。你善待瞭他人,

              那個人也會善待另一個人。這樣,善意的圈子就會變大。

              私たちが愛を感じていないわけではない。

              問題は、愛を感じているのに、それを內に秘めて無名之輩しまうことだ。

              不是我們沒有感受到愛。

              問題是,明明感受到瞭愛,卻把它秘藏於心。